え?我が子が?!不登校は突然起きる

不登校になったらまずはしっかり話を聞いてあげる

不登校は活発な子、おとなしい子どの子供にも可能性があります。
不登校になってしまうと無理矢理学校に行かせようとせず落ち着いて話を聞いてあげる必要があります。
突然の出来事だと親もパニックになりがちですが、それ以上に子供は繊細になっています。
何日かかっても焦らず話やすい環境を作りゆっくり時間をかけて話を聞いてあげましょう。親と子の信頼関係を築いていく事できっと解決策が見つかるはずです。原因がわかれば親子でこれからどう進んで行くべきかを話し合いお互い合意した意見を学校に言う事が一番良いと思います。特にいじめが原因であれば人間関係の不安や自分への自信を失っているかも知れません。不登校になった子供の傷は深いはずです。まずは親が一番の子供の理解者になる事です。

学校が合っているか見極める

不登校の原因は学校にある場合もあります。
子供が行く学校を事前に調べていくのも不登校を防ぐ対処法です。学校の教育方針が子供に向いているか、現在通っている子供達の様子はどうかなど日頃から調査しておくのも大切な事です。近所の評判など情報収集も必要な事だと思います。通う前にまずは安心して子供を託すことが出来るか見極めていきましょう。その為には子供の考え方や日頃の生活態度などを理解してあげる事が必要になってきます。
日頃から子供とコミュニケーションを取らなければなりません。子供は日に日に成長していき考え方もどんどん変化していくものです。毎日コミュニケーションを取る事で今何を考えているのか、どんな教育が必要かなどわかってあげる事でもし不登校になっても冷静に対処していけると思います。